Info:

ホーム → Catalog



基本額(無料) フランソワ・ミレー『落穂拾い』

価格 : ¥ 15,800

フランソワ・ミレー『落穂拾い』 の複製画


『落穂拾い』は写実主義のミレーの代表作のひとつ。歴史の教科書にも載っているため日本ではとても有名な作品である。『落穂拾い』とは借り入れのときにこぼれた麦の穂を拾うことで、聖書では貧しい孤児や未亡人に拾うことが許された"神の報酬"とされている。ミレーが描いた『落穂拾い』は1857年にサロンに出展されたが、保守的な批評家たちからは「貧困の誇張表現」「社会主義的作品だ」と非難を浴びた。
画面中央では貧しい野良着姿の三人の農婦が腰をかがめ、大地に散らばった落ち穂を黙々と拾っており、その背後には刈り取った麦を馬車に乗せる作業をしている姿が見られる。キャンバスの上部にははるか地平線まで広がる麦畑のパノラマと農婦の悲しくも逞しい姿が対照的。ノルマンディーの農家に育った農民画家ミレーだからこそ描くことが出来た傑作といえる。
The Gleaners 1857年 83.5×111cm |油絵 キャンバス | オルセー美術館(パリ)



ジャン=フランソワ・ミレー(Jean-François Millet)
1814-1875年 フランス
ミレーは19世紀を代表する写実主義の画家で、パリの南方約60キロのところにある、フォンテーヌブローの森のはずれのバルビゾン村に定住し、風景や農民の風俗を描いた画家の集団「バルビゾン派」の代表的な画家であった。バルビゾン派はミレーの他にテオドール・ルソー、ディアズ、トロワイヨンなどがいる。 バルビゾン派の中でも、大地とともに生きる農民の姿を、崇高な宗教的感情を込めて描いたミレーの作品は、早くから日本に紹介され、農業国日本では特に親しまれた。バルビゾン滞在期の作品には農民の姿を「晩鐘」や「落穂拾い」などの名作を残し農民画家と呼ばれた。
ミレーの農民画は同時代や後世の画家に影響を与え模写されているが、特にフィンセント・ファン・ゴッホは評伝を通じてミレーに親しみを感じており、多くのミレー作品を模写したようで、「種をまく人(ゴッホ)」などの傑作も生み出している。
  
ご注文にあたって下記の項目をお選び下さい。
tieude

下記よりキャンバスサイズをお選び下さい。
縦長もしくは横長の絵画の場合はF4~、正方形絵画の場合はS4~ご選択頂けます。

価格 縦長/横長 正方形
基本価格
13,800円~
F4 (333×242mm)
S4 (333mm角)

+3000円

F6 (410×318mm)
S6 (410mm角)
+16000円 F12 (606×500mm)
S12 (606mm角)
+24000円 F20 (727×606mm)
S20 (727mm角)
+33000円 F25 (803×652mm)
S25 (803mm角)
+43000円 F40 (1000×803mm)
S40 (1000mm角)
+73000円 F60 (1303×970mm)
S60 (1303mm角)
+95000円 F80 1455×1120mm)
S80 (1455mm角)
tieude

額は6種類からお選び頂けます。
通常額は無料、プレミアム額は+3000円、デラックス額は+7000円になります。

khunghinh

tieude

決済方法は、銀行振り込みとクレジットカード、PayPalの3種類です。

クレジットカードはPayPalのサービスを使用しますので、カード情報が当サイトに渡ることはありません。
また、決済ページはSSL(暗号通信)で守られています。

クレジットカード決済についてはS EAartsのクレジットカード決済について ページもご覧下さい。

tieude

絵画のお届けまではご入金確認後から約3週間かかります。
完成した複製画は額に固定し緩衝材で包んだ後、シルク素材でラッ
ピングしてお届け致します。

佐川急便の国際便、EMS(国際スピード特急)もしくはその他の国
際郵便で発送致します。



:

:



新着コメント

Facebookプラグインを利用してコメントを投稿できます。
Facebookには投稿されたくないお客様はチェックを外してください。

この絵画を見たお客様は下記の絵画もチェックしています。

お買い物ガイド

sea-arts guide