Info:

ホーム → Catalog

クロード・モネ 『ラ・グルヌイエー』グスタフ・クリムト『ひまわり』

クロード・モネ『アルジャントイユのひなげし』

クロード・モネ (Claude Monet )
1840 - 1926 フランス
クロード・モネは印象派を代表するフランスの画家で「光の画家」とも言われる。
ルノワールセザンヌゴーギャンらはやがて印象派の技法を離れて独自の道を進んでいったが、モネは終生印象主義の技法を追求し続け「印象派の巨匠」のひとりとなる。
自然の中に潜む美しさに惹かれ、自然界の光と大気との密接な関係性や、時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化してゆく自然的要を巧みに表現した。
人物画静物画も手がけたが、作品の多くは風景画であり、人物画のルノワールに対して風景画のモネと比較されることもある。
晩年は1つのテーマをさまざまな天候や、季節、光線のもとで描く「連作」が中心になる。
「積みわら」「ポプラ樹」「ルーアン大聖堂」「睡蓮」はその代表的な作品。

:

:


¥ 15,800

Ask a question about this product

1874年に開催された第一回印象派展に出品された作品。 モデルはモネの妻、カミーユと息子のジャンだと言われる。母子がアルジャントイユ郊外の草原を下ってくる様子が描かれている。 妻カミーユはこの作品が描かれた1866年から12年後、34歳の若さで亡くなった。 カミーユ夫人を描いた作品は他に、夫人が日本の着物を着ている「ラ・ジャポネーゼ」や「日傘を差す女性」、「庭の女達」がある。 1873年 油彩・キャンヴァス 50×65cm パリオルセー美術館(フランス)







この絵画を見たお客様は下記の絵画もチェックしています。

お買い物ガイド

sea-arts guide