Info:

ホーム → Catalog

ムンク『星明りの夜、エーケリー』ムンク『月光Ⅰ』

ムンク『星月夜』 

エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch)
1863-1944年 フランス
叫び』で有名な画家ムンクは、ノルウェーでは紙幣に印刷されるほどの国民的画家で、人の生死や根幹に存在する、孤独、嫉妬、不安などを見つめ、人物画に表現した。ムンクは5歳の時に母親を亡くし、14歳の時に姉を亡くした経験から、病気や狂気、愛や死について深く観察し表現するに至ったと言われる。
ムンクは写実主義の風潮が支配的なノルウェーで生まれ育ち、その後パリのレオン・ボナのアトリエで学んだ。このときにゴーギャンゴッホなどのポスト印象派の画家に大きな影響を受け、特にゴッホから影響は強く代表作『不安』などで"渦巻く背景"が使われている。作風は表現主義的な画家として知られる。生涯未婚を貫いたムンクだったが、恋愛(不倫が多かった)は何度もしており、1902年の夏には以前の恋人のトゥラ・ラーセンとトラブルになり、発砲事件も起きた。その頃から精神が不安定になってアルコールに溺れるようになり、精神病院に入って療養生活をすることもあった。有名な作品が19世紀末の1890年代に集中しており、「世紀末の画家」のイメージがあるが、1909年にノルウェーに戻った後も制作活動を続け、没したのは第二次世界大戦中の1944年である。

:

:


¥ 13,800

Ask a question about this product

『星月夜』はムンクのベルリン滞在期の作品。1889年からパリのレオン・ボナのアトリエで学んでからムンクの絵画は写実的なものから象徴的なものへ変わっていった。1890年代に制作した『





ムンク




この絵画を見たお客様は下記の絵画もチェックしています。

お買い物ガイド

sea-arts guide