Info:

ホーム → Catalog

ムンク『不安』ムンク『吸血鬼』

ムンク『叫び』

エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch)
1863-1944年 フランス
叫び』で有名な画家ムンクは、ノルウェーでは紙幣に印刷されるほどの国民的画家で、人の生死や根幹に存在する、孤独、嫉妬、不安などを見つめ、人物画に表現した。ムンクは5歳の時に母親を亡くし、14歳の時に姉を亡くした経験から、病気や狂気、愛や死について深く観察し表現するに至ったと言われる。
ムンクは写実主義の風潮が支配的なノルウェーで生まれ育ち、その後パリのレオン・ボナのアトリエで学んだ。このときにゴーギャンゴッホなどのポスト印象派の画家に大きな影響を受け、特にゴッホから影響は強く代表作『不安』などで"渦巻く背景"が使われている。作風は表現主義的な画家として知られる。生涯未婚を貫いたムンクだったが、恋愛(不倫が多かった)は何度もしており、1902年の夏には以前の恋人のトゥラ・ラーセンとトラブルになり、発砲事件も起きた。その頃から精神が不安定になってアルコールに溺れるようになり、精神病院に入って療養生活をすることもあった。有名な作品が19世紀末の1890年代に集中しており、「世紀末の画家」のイメージがあるが、1909年にノルウェーに戻った後も制作活動を続け、没したのは第二次世界大戦中の1944年である。

:

:


¥ 15,800

Ask a question about this product

『叫び』はムンクの代表作といえる絵画で、ムンクは1893年にもっとも有名な1作目の油絵バージョンを描き、同年と1895年にパステル、1895年にリトグラフ、1910年にテンペラで同じ題名、同じ構図による作品を描いているため、全部で5点の『叫び』が存在する。日本ではムンクの名と併せて「ムンクの『叫び』」と呼ばれることも多い。
極度にデフォルメされた独特のタッチで描かれた人物、血のように赤く染まったフィヨルドの夕景と不気味な形、赤い空に対比した暗い背景、遠近法を強調した秀逸な構図の作品である。しばしば誤解されるが、この絵は、ムンクが感じた幻覚に基づいており、 画中の人物は叫んでいるのではなく、「自然を貫く果てしない叫び」に怖れおののいて耳を塞いでいる。
5点描かれた『叫び』のうち、ノルウェー人実業家のペテル・オルセンが所蔵していたパステル画(1895年版)が2012年5月2日にニューヨークでサザビーズで競売にかけられ、1億1990万ドルで落札され絵画の競売落札価格として史上最高値となった(それまでの最高額は2010年に落札されたパブロ・ピカソの『ヌード、観葉植物と胸像』の1億650万ドル、非公式の取引を含めると、グスタフ・クリムト作の「アデーレ・ブロッホバウアーの肖像I(Portrait of Adele Bloch-Bauer I )」が2006年に1億3500万ドルで売却された。)
The Scream 1893年 | 油絵 91×74cm | オスロ国立美術館(ノルウェー)





ムンク




この絵画を見たお客様は下記の絵画もチェックしています。

お買い物ガイド

sea-arts guide