Info:

ホーム → Catalog

クロード・モネ『アルジャントイユのひなげし』グスタフ・クリムト『アッター湖の島』

グスタフ・クリムト『ひまわり』

グスタフ・クリムト (Gustav Klimt)
1862-1918   オーストリアグスタフ・クリムトは1862年にウィーン郊外のバウムガルテンに7人兄弟の第2子として生まれた。工芸学校在学中から美術や装飾の仕事を請け負い始め、卒業後には弟エルンストと友人フランツ・マッチェとともに芸術家商会を設立。劇場装飾を中心とした仕事はすぐに軌道に乗り、まもなくウィーン美術界における名声を確立したクリムトはだが、やがて保守的なウィーン美術家組合に反発し、1897年には古典的、伝統的な美術からの離脱を図ろうとする若手芸術家達とともにウィーン分離派が結成して初代会長に就任した。大きな成功を収めていた分離派もやがて内部分裂がおき、1905年にクリムトは同志ととも分離派を脱退し、翌年オーストリア芸術家連盟を結成した。晩年は上流階級の婦人たちの肖像画を多く手がけ絶大な人気を博した。
官能的なテーマを描くクリムトの作品は、甘美で妖艶なエロスと同時に、常に死の香りが感じられる「ファム・ファタル」(宿命の女)というのも多用されたテーマである。『接吻』をはじめとする金箔を多用した豪奢で装飾的な画面構成(黄金の時代)と明確な輪郭線を用いた対象描写、平面的な空間表現などと、人物の顔や身体での写実的描写を混合させた独自の絵画表現は19世紀の美術界に大きな影響を与えた。

クリムトの複製画一覧へ戻る

:

:

( Manufacturer )
¥ 14,800

Ask a question about this product

ウィーン分離派の巨匠、グスタフ・クリムトの名画「ひまわり(向日葵)』。男女の「愛」や「性」、「生と死」を官能的に描いた作品や肖像画が有名なクリムトだが、風景画も多く描いた。 ゴッホの「14本のひまわり」やモネの「モネのひまわり」のように花瓶に生けられたひまわりでなく、地面から力強く伸びて咲いている様子が描かれている。背景は点描的になっているが、どこか豪奢でクリムトらしい雰囲気が感じられる。 1905-06年 油彩・キャンバス 110×110cm 個人所蔵









この絵画を見たお客様は下記の絵画もチェックしています。

お買い物ガイド

sea-arts guide