Info:

ホーム → Catalog

フィンセント・ファン・ゴッホ 『花咲くアーモンドの木の枝』フィンセント・ファン・ゴッホ 『赤い葡萄畑』

フィンセント・ファン・ゴッホ 『花瓶に入ったアイリス』

フィンセント・ファン・ゴッホ (Vincent van Gogh )
1853-1890 オランダ
ゴッホはポスト印象派(後期印象派)の代表的画家である。様式的には抽象派に負う所が多いが、絶対主義・象徴主義的側面も多分にある。日本の浮世絵の特徴である明快な色使い、戸外での制作、影の無い世界にも大きな影響を受けている。
また、不遇の画家として知られており、今では50億円以上の値がつく氏の作品も、生前に売れた作品は1点のみといわれる。
ゴッホの画家としての活動は約10年間と短く、絶対数としては油彩900点、素描1100点があると言われるが、傑作とされる作品はほとんどが晩年の約2年半(1888年2月から1890年7月)に集中している。
この頃、1888年にポール・ゴーギャンと南フランスのアルルで共同生活をはじめるが、不仲となり、耳を切り落とすなど精神的にも荒廃が進み、精神病院に入り、1890年に自殺したといわれている。(他殺という説もある)

:

:


¥ 15,800

Ask a question about this product

「花瓶に入ったアイリス」はゴッホがなくなった1990年に描かれた絵画で最晩年の作品のひとついえる。ゴッホは「アイリス」「花瓶に入ったアイリス」など花のアイリスをテーマに複数の絵を描いているがそれらは1888年末に起こった耳きり事件によりゴーギャンとの共同生活が終わり、アルルの市立病院からサン=レミの療養所に移った1989年の5月頃に描かれている。
Vase with Irises, 1890 | 油絵 キャンバス 73,7 x 92,1 cm | メトロポリタン美術館(ニューヨーク)







この絵画を見たお客様は下記の絵画もチェックしています。

お買い物ガイド

sea-arts guide