Info:

ホーム → Catalog

フィンセント・ファン・ゴッホ 『悲しむ老人』フィンセント・ファン・ゴッホ 『糸杉のある小麦畑』

フィンセント・ファン・ゴッホ 『星降る夜』

フィンセント・ファン・ゴッホ (Vincent van Gogh )
1853-1890 オランダ
ゴッホはポスト印象派(後期印象派)の代表的画家である。様式的には抽象派に負う所が多いが、絶対主義・象徴主義的側面も多分にある。日本の浮世絵の特徴である明快な色使い、戸外での制作、影の無い世界にも大きな影響を受けている。
また、不遇の画家として知られており、今では50億円以上の値がつく氏の作品も、生前に売れた作品は1点のみといわれる。
ゴッホの画家としての活動は約10年間と短く、絶対数としては油彩900点、素描1100点があると言われるが、傑作とされる作品はほとんどが晩年の約2年半(1888年2月から1890年7月)に集中している。
この頃、1888年にポール・ゴーギャンと南フランスのアルルで共同生活をはじめるが、不仲となり、耳を切り落とすなど精神的にも荒廃が進み、精神病院に入り、1890年に自殺したといわれている。(他殺という説もある)

:

:


¥ 16,800

Ask a question about this product

ゴッホのアルル滞在期の作品で「ローヌ河の星月夜」とも呼ばれる。ゴーギャンと共同生活を始める1888年の作品で精神的にも安定していた時期といえる。実際に目で見たものしかかけなかったゴッホは、本作品を描くために夜の創作活動に出かけたという手紙が残っている。
実際にローヌ河の構図の方面からは北斗七星は見えないのだが、ゴッホはあえてこれを描きいれた。青い空にちりばめられた星とアルルの町の光が幻想的に描かれ、キャンバス右下には体を寄せ合って歩く恋人が見られます。
Starry Night over the Rhone 1888 油彩 キャンバス72.5 x 92cm







この絵画を見たお客様は下記の絵画もチェックしています。

お買い物ガイド

sea-arts guide