Info:

ホーム → Catalog

クロード・モネ 『積み藁- 日没』クロード・モネ 『積み藁-夏の終わり』

クロード・モネ 『積み藁- 雪融け、日没』

クロード・モネ (Claude Monet )
1840 - 1926 フランス
クロード・モネは印象派を代表するフランスの画家で「光の画家」とも言われる。
ルノワールセザンヌゴーギャンらはやがて印象派の技法を離れて独自の道を進んでいったが、モネは終生印象主義の技法を追求し続け「印象派の巨匠」のひとりとなる。
自然の中に潜む美しさに惹かれ、自然界の光と大気との密接な関係性や、時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化してゆく自然的要を巧みに表現した。
人物画静物画も手がけたが、作品の多くは風景画であり、人物画のルノワールに対して風景画のモネと比較されることもある。
晩年は1つのテーマをさまざまな天候や、季節、光線のもとで描く「連作」が中心になる。
「積みわら」「ポプラ樹」「ルーアン大聖堂」「睡蓮」はその代表的な作品。

:

:


¥ 14,800

Ask a question about this product

『積みわら』は、印象派を代表するフランス人画家クロード・モネが描いた、収穫後の畑に積まれた干し草の山を描いた一連の絵画を指す。同じモチーフを、異なる光、天候、空気、雰囲気で大量に描いた画家はモネが初めてだといえ、1890年の夏から翌年の春にかけて描かれた25点の絵画を制作した。本絵画『積み藁- 雪融け、日没』はそのうちの一点で1890-91年に制作された作品である。
モチーフとして描かれている積み藁はありふれた干草の山だが、連作の根本的な主題は移ろいゆく光といえる。『積みわら』の連作はモネに経済的な成功ももたらし、連作のうち15点は1891年5月にフランスの画商デュラン=リュエルによって展示会が開催され、全ての作品が数日のうちに完売しており一般大衆にも大好評だったため、この後モネの作品の値段は高騰した。
wheatstacks Thaw, Sunset 1890-91年 | 油絵 キャンバス | シカゴ美術館(アメリカ)







この絵画を見たお客様は下記の絵画もチェックしています。

お買い物ガイド

sea-arts guide