Info:

ホーム → Catalog

レンブラント 『哲学者の瞑想』レンブラント 『少女と孔雀』

レンブラント 『夜警』

レンブラント・ファン・レイン (Rembrandt van Rijn)

レンブラント・ファン・レインは17世紀を代表するオランダの画家でオランダ絵画黄金期に活躍した。油彩だけでなく、エッチングや複合技法による銅版画やデッサンでも多くの作品を残した。レンブラントは生涯の創作活動において、物語画、風景画そして肖像画を主に描いており、生涯を通じて自画像を描き続けたことも有名である。若くして肖像画家として成功したレンブラントは、代表作『テュルプ博士の解剖学講義』で画家としての地位を確立し、『夜警』では多くの波紋を呼んだ。晩年には私生活におけるたび重なる不幸(息子や妻の死)と浪費癖による財政的苦難にあえいだが、それでも彼の技術へのファンは多く同時代において高い評価を受け続けたとされる。
レンブラントの絵画は、初期の「滑らかな」技法がもたらす奇術のような形式を持つ描画に見られる卓越した技能から、後期の画面上に現れる豊かで多彩な「荒々しい」様がもたらす画材そのものが作り出す触覚にさえ訴えかける質感が与える幻影的手法へと進歩した。大画面と明暗を画面上に強く押し出したルミニズムの技法を得意とし、「光の画家」「光の魔術師」(または「光と影の画家」「光と影の魔術師」)のなど数多くの異名を持つ。

:

:


¥ 17,800

Ask a question about this product

17世紀オランダ最大の巨匠、レンブラント・ファン・レインの代表作『夜警』は18世紀以降こうで呼ばれているが、原題は『フランス・バニング・コック隊長とウィレム・ファン・ラウテンブルフ副隊長の市民隊』(De compagnie van kapitein Frans Banning Cocq en luitenant Willem van Ruytenburgh)という、火縄銃手組合依頼の集団肖像画である。 長年の風化により背景が茶色く変色したことで、『夜警』という誤った呼称が定着したが、実際は昼間で、自警団がパトロールに出かける瞬間の様子を描いている。 この集団肖像画の特徴はその巨大さ(縦3メートル63センチ、横4メートル37センチ)、光と影の効果的な使用、そして当時は不動の姿勢で描かれた軍隊や自警団の集団肖像画に動きの要素を取り入れたことである。 画中では、一斉に人々が動き始めたため、その下では犬が吠えたて、左には少年が走り回っている。各隊員はそれぞれ異なった方向に体を向け、多様な表情を見せており、隊員の動きが交錯して画面に興奮を生み出している。いずれも体の一部分しか画面に映されておらず、全身が描かれているのは3人のみである。発注した自警団員18人は製作料金を平等に支払ったとされており、このため、大きさが同じに描かれていなかったことに不満を持つ隊員も多かった。 技巧的にはレンブラントはキアロスクーロ(明暗法)を用いて群像にドラマチックな表情を与えた。強い日光が斜め上から差し込み影を作ることで、レンブラントは群像の中から3人の主要人物、すなわち中央の隊長と副隊長、そして中央左奥の少女を浮かび上がらせている。 また、この肖像画を描いた前後数年の間にレンブラントは3人の子供と母親をなくしており、精神的にはつらい時代であり、この後浪費癖もたたって生活は困窮していくことになる。 The Nightwatch 1642年 油彩|キャンバス 363 x 437 cm アムステルダム国立美術館







この絵画を見たお客様は下記の絵画もチェックしています。

お買い物ガイド

sea-arts guide